ナイキ アウトレット
こんにちは スタッフ鳥居です。 最近ブログの更新が増えてるぞ?!と 思ってる方も多いかと思います。 そうなんです。 お盆前からずっと、秋物が続々と入荷しているので、 次々にご紹介していかないと お店に出す前に、サイズが無くなってしまった!と なるケースも実はあるのです。 その代表が今日ご紹介するコチラ モンクレール/MONCLERのダウンベストです。 モデル「TIB」 価格:68,800円+税 夏ぐらいから、いやもう昨年から、すでにお問い合わせをよく頂くブランドです。 毎年定番人気の「モンクレール レディース」のダウン。 その中でも、数が少なく、よく即完売となってしまうのが コチラのベストです。 ダウンと言えば、必ず名前に上がるブランドです。 1着は持っていたいと思わせる魅力がたっぷり! 中でも、一番の定番色と言えば、ブラックです。 しかもずっと変わらず続いている光沢のあるシャイニータイプの素材は、 ポリアミド100%、摩擦にも強く、丈夫さを持ちつつ 漂う上品さは、実際に実物を見て頂くとわかります。 ダウンと言えど、秋口の早い段階から着こなしに 取り入れることが出来て「先取り」気分を味わえます♪ ショート丈なので、車移動の時もかさばらず、 後ろから見ても、スマートなデザインです。 勿論、暖かさは申し分ありません。 袖がない分、そこだけ寒いのか言えば 全く感じさせない、むしろないほうが、 丁度良い暖かさと言われることもあるほどです。 シャツや、薄手の長袖Tシャツで、体感温度を調節できます。 モンクレールのダウンを一度羽織った方も、 他のダウンと、羽織り比べた方も、 皆さん、一応に一番暖かい!とよく言われます。 暖かすぎて、インナーには、ロンTか、薄手のニットで 十分ともよく言われますが。 ダウン90%と、10%のフェザーの配合は長年変わっていませんが、 この不動の人気を保てているのは 厳選された上質なダウンを使っている証です。 細かい部分でも、ダブルファスナーはビックサイズでスムーズな動きに。 金具には、フランスの国鳥をデザインしたお馴染みのマークも、さり気にアピールできます。 ダウンのお手入れの仕方をマンガで描いた見慣れた内側のワッペンも、 復刻盤と聞くと、昔から色々な人がモンクレール メンズを愛用しているのだな、と実感できます。 これから秋に向け、スウェットパンツで、スポーティに デニムでラフなカジュアルにもと 色々な場面でプラスして、羽織りたいアイテムです。 すみません。すでにサイズT1は完売しております。 お早めにチェックしてみて下さいね♪ 他モンクレールはコチラからどうぞ♪ Court fixes date to hear audio evidence of Shehu Sani allegedly extorting $25,000 – WotzupNG
Court fixes date to hear audio evidence of Shehu Sani allegedly extorting $25,000

Court fixes date to hear audio evidence of Shehu Sani allegedly extorting $25,000

A Federal High Court, Abuja presided over by Justice I.E. Ekwo, on Wednesday fixed December 4, 2020, to review the audio evidence, which allegedly captured Senator Shehu Sani’s voice extorting $25,000 from Kaduna-based business man, Alhaji Sani Dauda of ASD Motors.

Sani, who represented Kaduna Central Senatorial District in the 8th Senate, was said to have demanded the money on the claim that he would use it to bribe the Chief Justice of Nigeria, Muhammad Tanko and the now suspended chairman of the Economic and Financial Crimes Commission (EFCC), Ibrahim Magu, in an event Dauda’s estranged son-in-law, one Abubakar Musa petitions the anti-graft agency against him.

A petition from Dauda to the EFCC after Sani had allegedly extorted the sum from him led to the commission’s investigation of the matter and Sani’s eventual prosecution on a two-count criminal charge, bordering on name-dropping, influence-peddling and obtaining by false pretence to the tune of $25,000.00.

When the matter resumed on Wednesday, Prosecuting Witness 10, (PW10), Bako Aliyu an EFCC detective, and investigating officer in the case informed the court that he confirmed from the bank that such transaction as claimed by the petitioner happened.

“We invited the two bureau de change operators and they confirmed to us that the complainant actually changed money into dollars from them. We also directed the complainant to record any conversation between him and the defendant which he did.

“We then collected two mobile phones from the complainant (an iPhone and a Samsung) and also a Samsung phone from the defendant which we sent to our Forensic Department for further analysis. The result of the analysis showed lots of conversation between the two of them in Hausa and we translated them to English and burnt it on compact disk,” Aliyu said.

The witness also informed the court that the CJN has exonerated himself from Sani’s alleged bribery claim by publishing a disclaimer on two national dailies: Daily Trust and The Punch, and that an engagement the Commission’s officers had with the CJN over the matter further proved that he had nothing to do with the extortion.

It could be recalled that the EFCC on Tuesday, October 10, 2020, presented Prosecuting Witness 9, (PW9), Sharif Zailani Shanono, a bureau de change operator who revealed that Dauda on November 29, 2019, informed him that he needed USD$10,000 (Ten Thousand US Dollars), which he delivered to him through his aid, one Lawal. And that Dauda on December 10, 2019 transferred a Naira equivalent of the sum, being N3.9 million to his bank account.

CATEGORIES
Share This

COMMENTS

Wordpress (0)
Disqus ( )